フィットイージーweb入会バナー,FIT EASY promotion banner
フィットイージーweb入会バナー,FIT EASY promotion banner

筋トレする方は必見!1日に必要なタンパク質の量について紹介します!

効率的に筋トレをするにおいて、タンパク質摂取は欠かせません。
今回は、タンパク質を摂取する上で1日の摂取目安量や注意点などをご紹介します。
筋トレとタンパク質の関係をしっかりと把握した上で、効率的な筋トレができるようになりましょう。

1日に必要なタンパク質の量とは?

筋トレをする上で1日に必要なタンパク質の摂取量は、筋トレの激しさによって異なります。
激しい筋トレをすればするほどタンパク質の摂取目安量は変わります。

まず、ほとんど運動しない方が目安とする1日のタンパク質摂取量は、体重1キログラムあたり0.8から1.0グラムです。
次に、軽めの筋トレをする方が目安とする1日のタンパク質摂取量は、体重1キログラムあたり1.2から1.4グラムです。
最後に、激しめの筋トレをする方が目安とする1日のタンパク質摂取量は、体重1キログラムあたり1.6から1.7グラムです。

体重60キログラムの方が軽めの筋トレをする際の目安量は、72グラムです。

また、どの食品にどれくらいのタンパク質が含まれるかの目安もご紹介します。

・鶏ムネ肉には、100グラムあたり約25グラム
・卵には、100グラムあたり約12グラム
・豆乳には、100グラムあたり約4グラム

筋トレをする方へ!プロテインでタンパク質を摂取する際の注意点とは

タンパク質を効率的に接種する手段の一つがプロテインを飲むことです。
プロテインを飲めば、上記で解説した食品を食べなくても、一定量のタンパク質を摂取できます。

しかし、プロテインを接種する際には、幾つか注意点があるため、以下より紹介します。

1回あたりの摂取量を20〜30グラムにする

プロテインは一気に飲むよりも、何回かに分けて飲む方がタンパク質の摂取効率が高くなります。
そのため、朝昼晩と3回、あるいは朝夕2回といったように間隔を空けて飲むようにしましょう。

一度に大量に飲みすぎない

プロテインを一度に大量に飲んでしまうと、摂取効率が悪くなるだけでなく、腸内環境が悪くなったり、脂肪に変換されてしまったりとさまざまなデメリットがあります。
筋トレをしていてもプロテインによってデメリットを被ってしまうと筋トレを敷いている意味が薄れてしまうため、使用方法には気をつけましょう。

まとめ

今回は、タンパク質を摂取する上で1日の摂取目安量や注意点などをご紹介しました。
1日の摂取目安量を把握した上で、プロテインを使用する場合はその注意点に気をつけて、効率的に筋トレライフを送りましょう。